学校生協のグループ保険に「スクール共済」「SUNサン共済」があり、多くの組合員の皆様にご利用いただいております。ありがとうございます。

7月から8月にかけては「スクール共済」の説明に担当者が各学校をお伺いしましたが、本日からは「SUNサン共済」の学校訪問説明会を行います。日々の授業や行事の準備等でお忙しいこととは思いますが、お時間のご都合がつく組合員の皆様には、ぜひご参加いただきますようお願い申し上げます。

なお、学校を訪問してのご説明ができない組合員の皆様には資料(加入状況によって内容物は変わります)をお送りしておりますので、この機会に是非ご検討ください。

また、各種申込手続きは、「おひさまねっと」が便利でお得です。現在、利用促進キャンペーンも行っていますので、チラシまたは学校生協のホームページをご覧ください。(I)

富山県学校生活協同組合は、組合員の皆様の安心・安全な暮らしをしっかりとサポートしていきます。(I)

台風14号は、予想よりも日本列島の南側を通り、富山県には目立った影響はありませんでした。今日は、天気も回復し、運動すると汗ばむような陽気になりました。お出かけされた組合員の方も多かったのではないでしょうか。

夕方、二階に上がると、窓がうっすらとオレンジ色に染まっていました。外をのぞいてみるときれいな夕焼けが!何度見ても、気持ちが落ち着いてリラックスできますね。

とはいえ、テレビでは伊豆諸島の東京都三宅村・御蔵島村に大雨特別警報が発表されたとのニュースが流れています。被害がないことをお祈り申し上げます。(I)

 

昨日は、北風と秋雨前線の影響で朝から寒い一日となりました。組合員の皆様には、体調はいかがでしょうか。

さて、すでにご存じの通り、強い台風14号が九州の南海上を発達しながら北上し、週末にかけて西日本や東日本に近づくと予想されています。台風が接近する前から前線の活動が活発になり、全国的に大雨になる恐れがあり、警戒が呼びかけられています。

また、台風14号は、進路が定まらない上に、スピードも遅く、停滞することで降雨が長時間に及ぶのではないかと心配されています。

昨年の台風19号が日本各地の大きな被害をもたらしたのは10月12日から13日にかけてでした。前日11日は、富山市で東海北陸地区連合小学校長会富山大会が開催されていました。また、翌日から開催予定の日本青年会議所富山大会の中止も決まったことから、帰りを急ぐ校長先生方と青年会議所の会員で、富山駅がごった返していたことを思い出します。土日の開催予定の学校行事の対応に追われた先生方も多かったのではないでしょうか。

そして、13日のニュースで映し出された北陸新幹線長野車両センターの光景に大きな衝撃を受けました。

その教訓を生かし、最新の台風情報に留意しながら、早めに十分な備えをしておきましょう。(I)

「2020年秋冬 ひとり一品利用キャンペーン」のチラシは、お手元に届きましたでしょうか?

今年度も、担当者が組合員の皆さんの声にしっかりと耳を傾け、選りすぐった一品を、自信をもってお届けします。

事前にお知らせしていた商品だけではなく、盛りだくさんの内容に、目移りすること間違いなし!期間は10月5日(月)〜10月23日(金)と、時間がたっぷりありますので、じっくりとお選びください。プレゼント企画もありますので、お見逃しなく

今回は、「日本全国ラーメン紀行」「Harvest +」のチラシも同時にお届けしました。特に今日のような寒い日は、温かいラーメンに視線が釘付け。ついつい注文しすぎるかもしれませんよ。

多くの組合員の皆さんからのご注文をお待ちしております!(I)

今日、10月8日は、二十四節気の一つ「寒露(かんろ)」です。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野の草に宿る冷たい露のことです。晴れた日の朝、放射冷却で地面付近の気温が下がり、空気中の水蒸気が露となります。朝日に照らされた水滴が、キラキラと輝いている様子は、宝石のようにきれいですね。

また、例年、この時期は大気の状態が安定し、空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。本格的な秋、そして行楽シーズンの始まりです。GoToトラベルキャンペーンを利用してお出かけになる組合員の方も多いのではないでしょうか。

さて、秋晴れの朝、外に出ると深呼吸をして、「ああ!清々しい朝だ!」と言ってしまいそうです。しかし、「清々しい」は初夏の季語で、秋の季語は「爽やか」だそうです。担任をしていた時、季語を調べていた子供に教えてもらいました。30歳半ばになるまで、全く考えもしませんでした。

教えてくれた子供には感謝していますが、それ以後、深呼吸をした後、ちょっと間を置いてから言葉を発するようになってしまいました・・・。

次の二十四節気は「霜降(そうこう)」で、今年は10月23日です。(I)

 

10月3日学校生協指定店の北日本自動車学校が運営している「富山ドローンスクール」のドローンフライトイベントに参加してきました。

9月14日に県内初のドローンパークとしてオープンした「立山山麓ドローンパーク」(極楽坂エリア)には、有料の貸し切りエリアと無料で使用できるエリアがあり、いずれも事前の登録(要年会費)が必要になります。また、充電できるスペースも備わっているので、イベント等での長時間フライトにも対応でいるようになっています。

当初、10名弱の参加を見込んでいたところ20名超える参加があったということで、ドローンスクールのスタッフさんたちもうれしい悲鳴をあげておられました。参加者は、かわるがわるフライトを楽しみ、不慣れな方や子供さんにはドローンインストラクターの丁寧な指導のもとフライトを楽しんでいたようです。

自分はというと、だいぶ慣れているせいか半スタッフみたいに一日過ごしていました。

 

途中、ジャンプ台にカモシカ親子が顔を出したり、スキージャンプの練習などありましたので空撮練習ついでに撮らせていただきました。ズーム機能が無いので近くに寄らなければならないのですが、エリアの限界まで移動しフレームに収めてみました。

富山県学校生活協同組合は、「皆で学ぼう!消費者教育推進実行委員会」の構成団体です。この委員会は、富山県民に食品ロス削減を広く周知する同時に、暮らしの見直しが進むことを目指して、県の委託を受けながら事業に取り組んでいます。

今年度も、

  /ロスアンケートの実施

 ◆‐学校におけるエシカル消費学習の推進

  地域・職場毎の学習会の実施

を柱に、活動を進めています。

県学校生協では、特に△両学校におけるエシカル消費学習の推進でリーダー的な役割を果たしています。昨年度も、県内3つの小学校において先生方のご協力をいただき、出前授業を行うことで、子供たちにメッセージを伝えることができました。

しかし、今年度はコロナウイルス感染症への対応もあり、出前授業の実施は見送ることとしました。その代替策として、先生方にエシカル消費の教材を使って授業をしていただき、頂戴したご意見を反映しながら、より改善していく機会にしたいと考えております。

校長先生を通して、何校かにご依頼することになりますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。(I)

10月は3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進月間です。
Reduce(廃棄物等の発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再生利用)に関する理解を深め、広く協力を求めるとともに、
循環型社会の形成に向けた取組を推進するため、様々な運動や行事が行われます。

富山県学校生協でも、SDGsの目標達成のために、3Rにも積極的に取り組んでいます。

特に、ゴミの減量と資源化は、かけがえのない地球環境を、美しく豊かに保つための取り組みであり、未来の世代へと引き継いでいく過程でもあります。そして、3Rは、誰もが実践できる一番身近な取り組みです。

また、10月20日は、「リサイクルの日」です。10(ひと回り)、20(ふた回り)の語呂合わせから、この日が選ばれたそうです。

県学校生協では、これからも組合員の皆様とともに、循環型社会の実現に取り組んでいきたいと考えておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします(I)

今日、10月4日は「探し物の日」だそうです。NTTの電話番号案内が「104」であることが由来だとか。
「探し物」と聞いて思い出す曲は、井上陽水の【夢の中へ】
 探しものは何ですか
 見つけにくいものですか
 カバンの中も机の中も
 探したけれど見つからないのに
ある統計調査によると、人は一日約10分を探し物に費やしているそうです(自分は、少なく見積もってもその10数倍ですが・・・)。積み重ねると、成人人生の3680時間、実に153日間にもなります。そう考えると、私の働き方改革のポイントは、まさに探し物に充てている時間をいかにして減らすかにあります。そんなことは、もう何十年も前から分かってはいるのですが・・・未だに「うっかり」は直りません。

ちなみに、見失うものトップ5は、
1 携帯電話、スマホ
2 家の鍵
3 車のキー
4 書類
5 メガネ だそうです。確かに、どれもなくして慌てたことがありますね。
そして、
再び【夢の中へ】
 探すのをやめた時
 見つかることもよくある話で
紛失物の75%は家の中で見つかるそうです。
私も、我が子に「父ちゃんもぼけたね」と言われないよう、整理整頓を心がけようと誓いました。とはいえ、自分に当てはめてみると、探し物をしている時、記憶をたどって頭はフル回転、冷や汗をかきながら歩き回って基礎代謝は上昇と、案外健康的な時間になっているような・・・。探し物は、私にとって心身の老化防止の特効薬なのかもしれません。(I)

昨夜、我が家では午後6時半頃からお月様が見えるようになりました。

外に出て月を見た時、やはり「出た出た月が まるいまるい まんまるい 盆のような月が」と口ずさんでしまいました。題名は「月」なのか?それとも「出た出た月が」なのか?と悩みつつも、満月を見ると狼男が変身するように、ついつい歌ってしまいます。

ススキと団子を外のテーブルに並べて、準備万端OKと思ったところに・・・急な土砂降り!

「隠れた雲に 黒い黒い真っ黒い 墨のような雲に」

慌てて撤収しました。

待つこと2時間、

「また出た月が まるいまるい まんまるい 盆のような月が」

雨雲の切れ目から再びお月様が登場し、お月見を始めることができました。「お月様はどこに行ったの」と心配していた孫も大喜びでした。雲に見え隠れする「中秋の名月」も、風情があります。

夜が更けるほど雲が晴れ、秋の澄んだ空に見事なお月様が浮かびました。

十五夜の月は「収穫への感謝を捧げる月」とも言われています。組合員の皆さんは、何に感謝しながら月を見上げられましたか。

今夜の月齢は14.7本当の満月は今日です。そして今日は花金。昨夜は残念ながらお月見ができなかった組合員の皆さんも、ぜひ今宵の月を楽しんでください。(I)


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM