今日、11月4日は、ユネスコ(UNESCO)憲章記念日です。

1945年「戦争を二度と繰り返さない」との決意のもと、ロンドンでUNESCO憲章が採択され、その翌年に国際連合教育科学文化機関(UNESCO)が発足しました。その活動において重点的に推進する目標として「万人のための基礎教育」「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」などを定めています。

日本は60番目の加盟国として1951年に仲間入りをしました。

富山では、近年、ユネスコスクールとして加盟する学校が増えつつあります。

ユネスコ憲章の前文に、戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。】という有名な一文があり、その理念を実現するために、平和や国際的な連携を実践する学校として期待されています。

私たち大人も、ユネスコ憲章記念日を機会に、憲章に込められた平和へのメッセージをぜひ再確認してみましょう。(I)

今日11月3日は「文化の日」です。「国民の祝日に関する法律」には、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」と定められています。

その意図のもと、各分野で優れた功績をあげてきた方々の受賞を紹介する記事が、10月下旬から連日発表されています。それをお祝いするかのように、今朝は晴れやかな朝となりました。各賞を受賞された皆様、誠におめでとうございます。

さて、文化の日の由来を調べてみると、いろいろなことが関連してこの日が定められたことが分かってきます。

遡ると、明治時代、11月3日は「天長節」つまり明治天皇の誕生日としてお祝いしていたそうです。そして、戦後、日本国憲法が施行された昭和22年5月3日(現憲法記念日)の半年前、つまり昭和21年11月3日に日本国憲法が公布されたことを記念して、昭和23年に制定されたと記述してありました。

文化の日の「自由と平和を愛し」という文言は、正しく日本国憲法の理念に根ざしているということを改めて実感しました。

学校生協職員一同、受賞される皆様のこれまで長年のご功績に心より感謝し、お祝いを申し上げます。(I)

今朝は、激しく降る雨の音で目が覚めました。今週は雨でスタートとなりました。

でも、気温は冷え込んだ昨日、一昨日と比べるとずいぶん暖かい朝です。

学校生協では、毎月の第一営業日をクリーンDAYとし、始業前に社屋周辺の清掃に取り組んでいます。散り始めた落ち葉が気になるところですが、本降りの雨に、今日は諦めて屋内の清掃・整備に取り組みました。また、クールビズ期間も終了し、男性職員は久しぶりに締めるネクタイに悪戦苦闘しながらも、職場全体でぴりっと気持ちを引き締めて勤務をしております。

11月最初の課業日。各学校は、今日はしっとりと落ち着いて過ごす時間になるのではないかと思います。

ただ今週は、予報によると天気が安定しないようです。また、週の中頃は寒暖差も大きくなりそうです。組合員の皆様には、くれぐれも体調管理にご注意ください。(I)

【学校生協周辺も静かな朝となりました】

 

 

 

 

 

またまたのお月様ネタに、「もううんざり!」と思われる組合員の方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今夜の月は特別なので、今年最後(かな・・・?)と思って見逃してください。

さて、今夜でるのは、将棋の藤井聡太氏のように二冠のお月様です。

一つ目のタイトルは、ジャズの曲名としても有名な「ブルームーン」

一般的に、同じ月に2回満月があるとき、2回目の月を「Blue Moon(ブルームーン)」と呼びます。欧米では「ブルームーンを見ると、幸せになれる」という言い伝えもあるようです。

そして二つ目のタイトルは、「マイクロムーン」。「ミニマムーン」とも言われます。

地球の周りを回る月の軌道が楕円形をしているため、季節によって満月の大きさが変わることは、ご存じだと思います。2020年の一番大きな月「スーパームーン」は4月8日でした。そして一番小さな月「マイクロムーン」が今日の満月になります。スーパームーンの見え方は、マイクロムーンに比べて大きさは14%増し、そして明るさはなんと30%増しになります!でも、澄んだ秋の空には、「マイクロムーン」の控えめな大きさと明るさがちょうどよいですね。

今夜、ハロウィンの月は、とても貴重な「満月」です。「ブルームーン」で「マイクロムーン」で、なおかつ10月31日に満月になるのは、何と46年ぶりだそうです。

気になる夜の天気は、全国的に晴れて、お月見にはピッタリです。子供たちが、夜空の星を見上げ、関心ももってくれるとうれしいですね。(I)

今朝、7時頃、ピンポーンとチャイムの音が。土曜日の朝早くからいったい誰?と思って玄関に出てみると、保育園で作ったお面をかぶりちょっぴり仮装をした孫が、小さなバケツをもって立っていました。

「トリックオアトリート!お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ。」

そうでした、今日10月31日はハロウィンです。孫の家も、10月中旬頃からやたらカボチャのおもちゃや袋、お菓子などが増え始めました。ところが我が家を見渡してみると、ハロウィンにちなんだものはほとんどありません。子供たちが小さかった頃は季節のイベント毎に飾りや置物を少しずつ買いそろえ、今でもいくつかとってあるのですが、カボチャは一つもありません。

確かに、ハロウィンが注目を集め始めたのはここ数年のことなので、我が家には馴染みが薄いのかもしれません。「お盆の後は、いきなりクリスマス。そしてお正月。その間にあったとしてもバザー・・・。」というのが我が家のイベントスケジュールだったように思います。なので、今でもハロウィンは、孫に言われないと「うっかり通過」してしまいそうになります。テレビで繰り返し「ハロウィンジャンボ」と流れているのに・・・。

改めてハロウィンについて調べてみると

【秋の収穫をキリスト教の聖人に祈りを捧げる「万聖節」の前夜祭として毎年10月31日に行われるヨーロッパ発祥の祭り。秋の収穫を祝い、先祖の霊をお迎えする日で、日本のお盆にあたる行事。先祖の霊が戻ってくる時に悪霊も一緒に戻ってくると言われており、驚かせて追い払うために仮面をかぶったり仮装したりした。最近は、宗教的な意味合いが薄れ、仮装をしてパーティーを楽しむイベントになっている。】

と書いてありました。

今年のハロウィンは、ちょうど土曜日学校生協でお求めいただいたハロウィンのお菓子をお供に、ご家族で楽しい一時をお過ごしください。「トリックオアトリート!」ただし、騒ぎ過ぎと行き過ぎたリアルな仮装には十分に注意しましょう(自分のことですが・・・)。(I)

組合員の皆さんにお届けした学校生協11月号のチラシは、お楽しみいただいてますでしょうか。今回も盛りだくさんで、「まだ全部に目を通せていない!」という方も多いのではないかと思います。

今回のちらしのキーワードは、3つ・・・

一つ目は、「全国のうまいもん大集合!」

日本全国から「ご当地菓子」を集めました。各地方を代表する銘菓が勢揃い!どれにしようかと、組合員の皆さんも迷うこと間違いなしです。家にいながら「GoToトラベル」と「GoToイート」気分を味わうことができる企画です。今まで訪ねた思い出の地のお菓子を味わうもよし。また、訪ねたことのない地の味を試してみるのもまた楽し。

二つ目は、「年末の家事をしっかりサポート!」

年末と言えば大掃除。せっかくなので細かいところまできれいにとは思うのですが、隙間のごみや油汚れなどは、なかなか手強いですね。そんなお掃除の悩みを解消する便利アイテムを集めてみました。せっかくの冬休み、家事を短時間で効率的に済ませ、家族団らんの時間を増やしましょう。ぜひお試しください。

そして三つ目は、「お正月を先取り!」

学校生協お勧めの「2021新春 おせち」9種類を厳選しました。家庭で楽しむ老舗の味から和・洋・中華とバラエティに富んだおせちまで、お好みのおせちで新しい年をお迎えください。また、冬の味覚「蟹祭」も同時開催です。

11月共同購入の締切は11月6日(金)、お届け予定は11月19日(木)〜20日(金)となっています。

スタッフ一同、組合員の皆さんからのご注文をお待ちしております。(I)

10月29日の夕方から午後10時頃までは、東の空が厚い雲に覆われ、十三夜のお月様を見ることができませんでした。

しかし、その後は雲の切れ間が広がり、お月様も南の空へと動いたこともあって、午後11時頃に外をのぞいてみると高い空にぽっかりと姿を現していました。

昔から「十五夜」と「十三夜」の両方の月を見ると縁起がいいと言われています。写真を撮ってアップしましたので、残念ながら十三夜のお月見ができなかった方は、本ブログでどうぞ。(I)

今日のブログも懲りずに「お月様ネタ」です。

以前ブログでもご紹介しましたが、今年の十五夜は10月1日でした。

そして、今日10月29日は「十三夜」です。十五夜と比べると馴染みは薄いですが、十三夜の月は、十五夜に次いで美しいとされています。栗や豆の収穫期とも重なるので、「栗名月」「豆名月」とも呼ばれます。

十三夜は満月になる手前なので、左側が少し欠けていますが、それもまた日本人の粋な心と風情ですね。

ただ、十五夜と十三夜の片方しか月見をしないと「片月見」として縁起が悪いという言い伝えが・・・。しかし、この頃は天気も安定するので、「十三夜に曇りなし」という言葉もあります。

さて、今夜の天気予報は晴れ。名前にちなんで、栗や豆のスイーツを食べながらお月見をするのも楽しいですね。(I)

今朝、家を出て(今日は不燃ゴミの日でした)、いつものように深呼吸をすると、目の前に広がる立山連峰。逆光とうっすらかかった霞のためにくっきりとは見えません。それでも端から端まで途切れることなく見渡すことができます。今日も秋晴れです!

ここ数日、よい天気が続いています。天気予報では、今晩一雨来そうですが、明日もしっかりと晴れになっています。

学校を訪問していると、コロナウイルス感染症への対応から行事等はじっと我慢の1学期でしたが、10月に入ってから体育大会や記録会を開催したり、校外学習を実施したりしている学校が増えてきました。その背景には、2学期は富山県での感染拡大が落ち着いてきたことがあると思います。しかし、それ以上に、各学校の対策がしっかりと整ってきたことが大きいのではないでしょうか。こつこつと工夫と対策を積み重ねてきた先生方と子供たちの努力、そして保護者と地域の理解が、再び行事を実施できる環境を整えることに繋がっていると思います。

この秋晴れは、これまでの取り組みへのご褒美ですね。子供たちに楽しい思い出をたくさん作ってやってください。

さて、我が家に戻ると朝から洗濯機がフル稼働。秋晴れは洗濯日和でもあります。今日は、出がけに洗濯物を干しても、雨の心配はいらないかもしれませんね。

子供たちにとっても、そして先生方にとってもよい一日でありますように。(I)

来週の「文化の日」を前に、富山県内の市町村でも功労者表彰を受賞される方が発表されています。教育関係でも、今後、教育功労者表彰優良教職員表彰文部科学大臣表彰などの発表が続きます。受賞される皆様には、これまで長年のご功績に心より感謝し、お祝いを申し上げます。

また、10月中旬から11月下旬にかけては七五三で神社にお参りされる組合員の方もいらっしゃること思います。ご存じの通り、子供の7歳、5歳、3歳の節目に、健やかな成長をお祝いする日本の伝統的な行事です。一般的には、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳を迎えた年に神社に参拝します。

そして、季候のよい秋は、結婚式のハイシーズンでもあります。

過ごしやすい秋は、おめでたい席で自分らしいおしゃれを楽しむのにぴったりの季節です。

富山県学校生活協同組合指定店の「呉服 丸和」「吉田産業」では、おめでたい席を飾る晴れ着からちょっとしたお出かけにも使いやすい着物まで、多数取り揃えて、組合員の皆様をお待ちしております。柄付けや素材、帯や小物などにつきましても、お気軽にご相談ください。

また、同じく指定店の「オークス」では、結婚なさるお二人のご希望にしっかりと寄り添いながら、挙式と披露宴の企画や提案をさせていただきます。また、ご家族や親族、ご友人とのパーティーや会食の場もご準備できますので、ぜひご連絡ください。思い出に残る大切なひとときのお手伝いをさせていただきます。

組合員の皆様には、安全で豊かな生活のパートナーとして、ぜひ指定店会をご活用ください。

詳しくは、5月にお配りした「魅力の専門店モバイルガイド」をご覧ください。(I)

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM