昨日の、大坂なおみ選手の女子シングルスの優勝に続いて、今日は、国枝慎吾選手が車いすの部男子シングルスで優勝したニュースが飛び込んできました。何と、5年ぶり7回目の優勝!最強のライバルの一人である、イギリスのアルフィー・ヒューウェット選手をフルセット、それも最終セットタイブレークを制しての勝利という、これまたタフな試合でした。

日本テニス界、二日連続のビッグニュースです。

国枝選手といえば、ロジャー・フェデラー選手が、「なぜ日本から世界的な選手が出ないのか?」という日本人記者からの質問に「何を言っているんだ君は!日本には国枝慎吾がいるじゃないか!」と答えたことが有名なエピソードです。

最近、NHKのプロフェッショナルという番組で「不屈のレジェンド〜プロ車いすテニス選手・国枝慎吾〜」が放送されました。ご覧になった組合員の方も多いのではないでしょうか。

自分なりに、様々なメッセージを受け取りましたが、特に

〇看圓靴織螢デジャネイロオリンピックから復活を目指して自分を追い込む姿。

⊆屬い好謄縫垢硫饐譴鯔員にしたい。自分が勝つことで車いすテニスが認知されるという思い。車いすテニスは命を懸けてやる仕事だと言い切る信念。

が強く印象に残りました。

そのストイックな姿勢は、大坂なおみと共通しているように感じます。

来年の東京オリンピック、東京パラリンピックが、ますます楽しみになってきました。私のチケット争奪戦は惨敗でしたが・・・。(I)

10月といえば秋ど真ん中。秋といえば・・・。「○○の秋」はたくさんあって迷いますね。

ある調査によると、「○○の秋」のベスト5は、

第1位…食欲の秋   第2位…読書の秋

第3位…スポーツの秋 第4位…睡眠の秋

第5位…芸術の秋  だったそうです。

お任せください!10月号のチラシは、その全てをお手伝いします。

 

◎まずは「Harvest」! 食欲の秋をお手伝い。

今回のテーマは「ハロウィン」。美味しくて、可愛いお菓子をたくさん集めました。お子さんやお孫さんが喜ぶ顔が目に浮かびますよ。もちろん、お友達とのパーティーにもぴったりです。中でも注目は「チロル ハロウィンカップ」。お値段はちょっと高めですが、ハロウィン限定チロルチョコ6種が何と計320個も入っています。家族で楽しむもよし、また学年や職員室でシェアするのもおもしろいですね。

後半では、いつもの定番商品もしっかりとカバー。別冊「美食宅配」も併せてご覧ください。お買い忘れがないように・・・。

 

◎次に、「Harvest neo」! 読書の秋と芸術の秋をお手伝い。

今回のテーマは「充実の秋」。文房具、身の回り品、書籍など、秋の暮らしを豊かにする商品を取り揃えました。

 

◎次に、「くらしと生協」! 睡眠の秋とスポーツの秋をお手伝い。

快適な寝具で、夏バテで疲れがたまった体をしっかりとリフレッシュしてください。他にも担当者お勧め商品のチラシも同封しました。

 

◎最後に「指定店の各種チラシ」です。組合員の皆さんは、学校生協の指定店をお得に利用していらっしゃいますか。組合員ならではの特典がたくさんありますので、お見逃しなく。

 

秋は「収穫の秋」でもあります。 【学校生協のチラシも大豊作!】 いつもより種類とページ数を増量してお届けしますので、多くの組合員の皆様のご注文をお待ちしています。(I)

やりました!大坂なおみ選手、2度目の全米オープンテニス女子シングルス優勝!おめでとうございます。

第1セットは心配しましたが、第2、第3セットは圧巻でした。テニスに限らずスポーツの勝敗は、最後まで目が離せないですね。もちろん大坂なおみ選手とヴィクトリア・アザレンカ選手が一番タフだったのですが、見ている側にとってもタフな試合でした。

会見で大坂選手はアザレンカ選手に対して、「子どもの頃、あなたがここでプレーするのをよく見ていたので、今日の試合にはとても感激した。たくさん学んだ。ありがとう。」と語りました。私も2012年頃の全盛期を知っているので、ウンウンと共感して頷くことができました。

またアザレンカ選手は大坂選手を「彼女は、とても強かった。本当にすごい選手。」と賞賛しました。

二人とも世界ランキング1位を経験し、その後、スランプを経験したり私生活で悩んだりしてランキングを落としました。それでも、再び決勝のコートに戻ってきました。それも全て含めての、お互いへのリスペクトだったのだと思います。

大坂選手は、これまでにいろいろなことを背負い、そして自らに使命を課しながらコートに立ってきたことを語っています。自分よりもずっと若いのに、教えられることがたくさんあります。これからも、プレーを通して様々なことを伝え、実現していってくれることが楽しみです。(I)

今日の気温は午前中から30℃越えで湿度も高めでした。それでも北から海風が吹き、屋外の日陰ではそこそこ心地よい一日となりました。

そこで、私事になりますが、近頃気になっていた2つの「スッキリ」を実現しました。

1つ目は「散髪」。コロナウイルス感染症の影響で床屋に行く回数も減ってしまいましたが、さすがにうっとうしくなったので、なじみの店に出かけました。よほど伸びていたのか、いつもであればはさみでカットするところ、いきなりバリカンでバッサリと・・・。まるで樹木の剪定のように。とことん短くなったので白髪もいつも以上に目立ち、孫も後ずさりしました。しかし、頭が軽くなってスッキリ!

2つ目は、庭の「芝刈り」。ここ数日の雨で秋の雑草が一気に伸びてきました。ビックリして住処から飛び出すコオロギやバッタ、カエルたちを巻き込まないようにと注意しながらも、自分の頭がやられたようにバリバリと刈り上げました。仕上がりはヘゴヘゴになりましたが、広々としてスッキリ!

そして、汗をぬぐいながら見上げると、空高くに秋の雲。雲の種類でいえば巻積雲。ただし、うろこ雲?さば雲?いわし雲?大人になっても見分けがつきません。それでも、青く透明な秋の空に高く浮かぶ雲に、疲れもスッキリ!2つのスッキリに3つ目のスッキリのおまけが付きました。スッキリ度は、やっぱり「散髪<芝刈り<秋の空」でしょうか。

なんだか得した気分の一日でした。

これで、大坂なおみが明日の全米オープンテニスで2年ぶりに優勝を勝ち取れば、最高のスッキリ!!!!!ですね。張り切って早起きしましょう。

組合員の皆さんも、素敵な週末をお過ごしください。(I)

今日、学校生協について車を降りると、稲わらの匂いがしてきました。

学校生協の周りでも、稲刈りが本格的に始まりました。

私は、毎年この時期に稲わらの匂いを嗅ぐと、「ああ秋だな!」と感じるのですが、組合員の皆さんはいかがでしょうか。秋も次第に深まり、稲わら焼き(最近は、環境と火災予防への配慮からほとんど見かけなくなりましたが)の匂いも重なると、何だか感傷的になりませんか?薄暗くなると、田んぼに積まれた稲わらにぼんやりと燻燃の赤い火が見え、白い煙がゆらゆらと上っている。夜風に吹かれて、香ばしい匂いが漂ってくると、大人になっても瞬時に子供の頃の記憶が蘇ります。

しかし、最近は農業技術も進歩して、「てんたかく」のような早生(わせ)品種「コシヒカリ」や「富富富」のような中生(なかて)品種が多くなり、早い所では8月下旬から稲刈りが始まるので、昭和世代と今の子供たちでは季節感が少々ずれるかもしれませんね。

昭和40年頃は、富山県でも晩生(おくて)の「日本晴」が多く栽培されていたような気がします。そのため、台風が来ると、一面、稲が倒伏してしまった田んぼもよく見かけました。そして、昔の機械では歯が立たず、結局は家族総出で手刈りするしかありませんでした。

話がそれてしまいましたが、稲わらの匂いが日本の「秋の匂い」として、令和の子供たちの記憶にも残っていくとうれしいです。(I)

我が家ではサルスベリの花が満開す。

サルスベリの漢字名は「百日紅」で、その名の通り、初夏から初秋までの長い間、紅色やピンク、白などの鮮やかな花を咲かせる花木です。学校の校庭や中庭でもよく見かけます。ただ、自己主張が強いため(主と同じ?)、他の木と混ぜて植えることができないので、近所を見てもシンボルツリーとして植えている家庭が多いようです。

枝先に花が密集して咲く姿は華やかで堂々としていることから、「雄弁」という花言葉がつけられています。

丁寧に枝を作り込めば、風格のある樹姿になるのですが、我が家では30年間ほったらかしです。それでも毎年多くの花をつけてくれるので、私のような初心者(ずぼら?)な方でも育てやすい花木としてお勧めです。

しかし、花も終わり頃、先日のように台風が通過しようものなら、我が家だけではなく、お隣の家の壁にもサルスベリの花がべったりと・・・。ご迷惑をおかけしています。

台風一過の学校でも同じですね。メタセコイアの木が一本あれば、晩秋は一面金色の絨毯!とてもきれいな風景なのですが、後始末がたいへん!そんな時、高学年の子供たちが大活躍。この時期、朝の落ち葉集めからクラスの一日が始まったのを懐かしく感じます。(当時はたいへんでしたが・・・。)

箒や熊手で一生懸命に落ち葉を集めてくれる子供たち。ご褒美に、時にはふっと顔を上げ、赤く色づいた木々澄み切った空を眺めながら秋を感じてほしいですね。(I)

今日の朝刊スポーツ面で、プロ野球の見出しを斜め読みすると、昨日はピッチャーが好投した試合が多かったと分かります。昨夜のスポーツニュースも見応えがありました。

菅野投手(巨人)の開幕10連勝。対する大野投手(中日)は6連続完投勝利こそ逃したものの一歩も譲らぬ投球。高橋投手(西武)の8回までノーヒットノーランの好投。そして、澤村投手(巨人→ロッテ)の移籍初日の3者連続三振デビュー。等々。

特に、澤村投手は9月1日に三軍から二軍に再昇格したばかりで、たいへん驚きました。復活を予感させる投球で、ネットでも何度も見返しました。(一見ふてぶてしい風貌や不器用なキャラクター、叱られキャラが自分とかぶっているようで、実は昔からのファンです。)

プロ野球ファンの方はすでにご存じの通り、澤村投手で思い出すのは、2012年クライマックスシリーズ。阿部選手による「頭ポカリ事件?」ではないでしょうか。それ以降も女房役として、また二軍監督として大学の後輩である澤村投手を見守ってきた阿部監督移籍後の気迫のこもった投球は、誰よりも嬉しかったのではないかと思います。

同一球団に在籍し投球術を極めていく選手がいる一方、「Rolling stone」のように移籍を機に投球術を磨いていく選手もいます。その、どちらにも魅力とやりがいがあるのは、私たちの仕事にも通じますね。(I)

毎年恒例の「秋冬ひとり一品利用キャンペーン」がいよいよスタートします。

 期間:10月5日(月)〜10月23日(金)

毎回人気の定番商品から今年一押しの新商品まで、2020年も担当者が選りすぐった商品を取り揃え、豊かな秋冬の暮らしをご提案します。

現在、10月上旬にお届けする予定のチラシを準備している最中ですが、本ブログを購読の皆様には、一足早く、キャンペーンの見所をご紹介させていただきます。

本日は、そのPart機「ロイズ特集」です。


ロイズ・・・「クオリティ」「オリジナリティ」「プライス」を理念に、北海道の地で本場・ヨーロッパに負けないチョコレートづくりに取り組んでいる会社です。


毎年人気のロイズの商品ですが、全国的に人気があり、年々仕入れも難しくなっています。しかし、楽しみにしていらっしゃる組合員の方も多く、担当者が粘りに粘って、5種類の商品に絞って取り扱うことができました。

1 【ナッティーバーチョコレート】ナッツの魅力たっぷりのチョコレートバー

2 【ピュアチョコレート】軽やかな甘さのチョコレート2種セット

3 【バラエティパック】様々なロイズの味を詰めた人気の北海道土産

4 【ショコラの四季】春夏秋冬をイメージしたチョコレートをセレクト

5 【アールショコラ4種詰め合わせ】個性豊かな一口サイズのカラフルショコラ

人気商品のため、お届けは11月20日頃になりますが、クリスマスには十分に間に合います。多くのご注文をお待ちしています。(I)

今日9月7日は、二十四節気の一つ「白露(はくろ)」です。

日較差が大きくなり、野の草に結ぶ白い露に秋の趣が感じられる頃という意味です。白というと、自分は雪のイメージで「冬?」と思ってしまいますが、中国の陰陽五行では白は秋の色とされているそうです。白露の日から「仲秋」になります。

しかし、今日は台風10号に向かって吹き込む南風の影響で、最高気温は36℃に達する予想が出ています。まだしばらくは額の汗をぬぐう暑さが続きそうですね。

ところで「白露」を「はくろ」ではなく「しらつゆ」と読んだ組合員の方は、いらっしゃいますか?その方は、焼酎通では・・・。鹿児島県指宿市に芋焼酎を製造・販売する白露酒造という会社があります。何年か前に、明石家さんまさんがお気に入りの焼酎として白露酒造の「麻友子」を紹介し、脚光を浴びた酒造会社です。聞いたところによると、麻友子は、白露酒造の社長さんの名前だとか。涼しくなると、温かいお湯割りの芋焼酎がおいしくなってきますね。焼酎のあてには、学校生協のおつまみをどうぞ。

秋が深まるにつれて、昼夜の寒暖差が大きくなり、夏バテで弱った体はどうしても調子を崩しがちになります。組合員の皆様には、くれぐれも体調管理にお気をつけください。

次の二十四節気は「秋分」で、今年は9月22日です。(I)

今日は多くの中学校で体育大会が実施されました。

我が家の近所にある岩瀬中学校からも、生徒たちの歓声や声援、放送が聞こえてきました。青空の下、生徒たちが躍動する雰囲気がしっかりとが伝わってきました。今日も暑い日となりましたが、岩瀬地区では海風が強く吹いていました。これも頑張る生徒たち、そして先生方への応援メッセージだったのかもしれませんね。お疲れ様でした。

 

さて、テレビのトップニュースでも報道されていますが、台風10号は今後猛烈な勢力になり、日本に接近してきます。コースによっては、6日から7日にかけて沖縄や九州に上陸する可能性があり、最大級の警戒が呼びかけられています。九州地方は、7月の豪雨、そして先日の台風9号による被害の復旧が十分に進んでいないこともあり、たいへん心配されます。台風10号の影響が最小限に留まるよう、お祈り申し上げます。

富山県においても7日を中心に、フェーン現象で気温が上昇すると予報が出ています。熱中症対策をしっかりしましょう。また空気も乾燥します。ご存じの組合員の方もいらっしゃると思いますが、1956年(昭和31年)9月10日に起こった魚津大火(消失戸数1583戸、罹災者7219人、死者5人)はフェーン現象の乾いた風が、被害を大きくしたといわれています。火災予防にも十分留意しましょう。(I)

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM