今日も季節が足踏みをしたかのような暖かな一日となりました。教室でも窓を開けて外の空気を十分に取り入れながら一日を過ごすことができたのではないでしょうか。

「小春日和」というと、何となく春のほんわかと暖かい晴れの日というイメージがあります。しかし、これも私は恥ずかしながら大人になってから知ったのですが、本当は晩秋の寒さに向かう暖かさのことだそうです。旧暦の10月頃なので、現在では11月上旬から12月上旬のだんだん寒くなる頃に、春のように晴れて暖かくなることを「小春日和」というそうです。気象庁では、「晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天」と定めています。ここ数日の陽気はぴったりと当てはまりますね。

うっすらと赤みを帯びた西の空には、細い三日月が浮かんでいます。天気予報では明日もいい天気。最高気温は25℃近くまで上がりそうで、夏日になるかもしれません。タンスからもう一度半袖を引っ張り出さなければならないかも・・・。せっかくなので、もうしばらくしっかりと秋を満喫しましょう。(I)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM